オリジナルプリントTシャツのデザイン制作を行うプリッヅ!デザインに関する特集サイトです。

博多の心意気を世界へ!博多 一幸舎(いっこうしゃ)

博多一幸舎(いっこうしゃ)

新規オープンという連絡を受け、プレオープンのイベントに参加させて頂きました。

西月隈3丁目15-8に新店舗をオープンしたのは、『一幸舎』福岡空港南店(旧マクドナルド)。
ロードサービス店。
カウンター席をメインに、近代的なファストフード店を思わせる設いの中にも、ラーメン店の伝統を伝える造り。

そんな中、活気ある声をかけながら、きびきびとした動きで立ち振る舞う店員の方々。

ユニフォームには【博多の心意気】と龍のカッコイイロゴが!!

(世界中に店舗を拡大している一幸舎はどこの国のユニフォームもこの【博多の心意気】のロゴ)
背中に輝く金のプリントのポロシャツは、周年記念の時にあつらえていただいたものである。
4.1オンスドライアスレチックポロシャツ

tshirt

そして、2016年5月13日、その日がプレオープン。
途切れる事の無いお客様に大忙しとなる。

_IGP9381

_

また、当社PRETTZの課長 河野と仲の良い大将 吉村幸助さん。
写真を撮って良いですか?と、河野が声をかけると「僕を撮るなら、事務所を通してください!」とツヤつけた(博多弁でカッコ付けるの意)顔をしてみせる。

河野「あー、もういいです。笑 もう、先輩、あっちいきましょう。」
森(な、なんだ、このお客さんとの友達みたいな距離感…)

私は、胸が「ざわざわ」する双方の会話を聞きながら、愛想笑いを続ける。
今日は、どちらがお客様なのだろうと自問する…。
プレオープンなので、全品無料と言う事を考えると、どちらかと言えば、一幸舎さんの方がお客様度は高いのだが…。

そんな中年同士の小芝居のような、不毛なやりとりがしばらく続くことになる(ひとまわり上のおっさんである私は、ただ愛想笑いである…)

_____________________________________________________

一幸舎の麺は自家製麺にこだわり、製麺所も設立・運営する。
茶褐色の豚骨スープと自家製細平打麺という昔ながらの博多ラーメンの特徴を出しつつ、濃厚ながら後味をさっぱりさせたラーメン。

しかし、今回の目玉は、西月隈店独自の、『味玉屋台ラーメン』
威勢のいい「お待たせしました!」の声とともに運ばれて来たラーメンは、博多では珍しい太麺!
実は、この歯ごたえのある、麺が絶品!
スープも麺も、大将の肝いりで作られたこの店舗のみでの提供。
ここだけの特別のものだ。

細麺に馴れていた我々(河野と森)は、『味玉屋台ラーメン』を啜ると、同じ感想を持つ。
「な、なつかしい…。」
「大牟田で、昔、子どもの頃喰ってた味に似ている!」
濃いスープと絡み合う太麺の強い歯ごたえ。
実は、課長河野も、広報の森も、大牟田市の出身。
強い豚骨の風味が、ストレートに濃厚な味わいを伝えて来る。
昔のラーメンってこんなだったよね!という味わいを残しながらも、後味は、さっぱりしている!
中年のおっさんの心を、まさに鷲掴みである。
tenshyu
お客様席へ挨拶に改めて来られた大将(店主:吉村幸助さん)に、「美味いですね!これ。」と、ラーメンに関する質問をする。
大将の目つきが変わる。

それもそのはず。
実は、一幸舎の『味』の決定権は全て、店主(大将)が持つ。
『スープ』も、『麺』も、『味』の責任は全て彼の双肩にかかっている。
故に、妥協は一切ない。
店主が、心血を注いで創り上げた味だ。
実は、この『屋台味』のラーメン、もったいない話ではあるが、現在、更なる味の改良の為、販売されていないという…。
それも、こだわりの強い商品開発の故である。

一幸舎のラーメン。
具はネギとキクラゲ、薄切りチャーシュー。人気のトッピングとしての味玉。
カウンター上には白胡椒、白胡麻、無着色の白生姜、辛子高菜、ニンニク、タレが置かれている。
二つの巨大羽釜で骨を継ぎ足しながら呼び戻していく豚骨スープ。
福岡県産地醤油3種と20種類以上の調味料。
そして魚介5種で仕込まれたタレ。
もっちり感と小麦の風味を出した自家製細平打麺ラーメン、肩ロースを特製のタレで仕込んだ薄切りチャーシュー。
替玉は半替玉も用意してある。(らしい…。Wikipedia調べ)

その味の全てを、大将の吉村幸助さんが生み出した。

「お前の夢ば、叶えちゃるけん、うちに来い。」
その腕を見込まれて、一幸舎の運営会社である 株式会社ウインズジャパン 入沢 元社長から呼ばれ、一幸舎の店主として着任した。
『入沢元』、『入沢功』、『吉村幸助』の三人で「世界に広がる本物の博多ラーメンを!」の思いを込めて2004年(平成16年)3月、福岡市中央区大名に「博多一幸舎大名店」を開業した。
店名「一幸舎」は、店主の吉村幸助が、「『一』つでも多くの『幸』せ与えられるような、空間、場所『舎』でありたい」との思いから名付けた。

寝食を忘れて三人で旨いラーメン作りに心血を注いだ、それが福岡の大名から始まった原点の味。
国内に14店舗
海外に12店舗(インドネシア シンガポール 中国 台湾 オーストラリア 香港 アメリカ)と、全世界に広がって行くこととなる。(2016年6/1現在)

広く知られるようになった味であっても、相変わらず最前線で『玉あげ』を振るう。
常に現場に目を光らせる。
その目に妥協はない。

博多の心意気を世界に発信し続けるラーメン、博多一幸舎をこれからも応援していきます。

________________________________________________________________________________

今回の新店オープンは、福岡空港南店 西月隈3丁目のロードサービス店。(旧マクドナルド)

その中を活気ある声をかけながらきびきびとした動きの立ち振る舞う店員の方々のユニフォームは、当社PRETTZの作品。

前の記事:仮面ライダーV3 アオレンジャー。特撮ヒーローのカリスマのオフィシャルマフラータオルを作りました!▶▶続きをCLICK

SNSでフォローする