オリジナルプリントTシャツのデザイン制作を行うプリッヅ!デザインに関する特集サイトです。

4_いちから始めるイラストレーター。【テキストツールの 種類:基本編】

illustrator(イラストレーター)では、文字(テキスト)ツールは、パスと同じくらい頻繁(ひんぱん)に使うツールです。今回は、文字ツールのメニューの解説から解説を始めます!!
本当は、とにかくクリックして使って見るのが一番!触ってみてから読むと、より学びが深まるかもしれません!!

illust-text_01
基本的に使う文字ツールは、上の3つ。
これで、大体の文字の配置はできるはず!

それに加えて、実はillustrator CCから搭載された機能。
文字タッチツール!
これが最近の私のお気に入りです!!

illust-text_02

illust-text_03

illust-text_04

変更が多そうなタイトルなどに最適なツール。
テキストのパスをそのままに、回転したり、下にズラしたり、目で見ながら大きくしたりできるツールです。
なので、文字をそのまま打ちかえることも可能です!
ゴイスー!!
ですが、ここでは基礎なので、また後ほど、機会をつくってお話しします。(笑)

illust-text_05
おそらく一番使うであろう文字を使うツールです。とりあえず、ここを選んでおけばなんとかなります。
画面上のどこでもクリックで、その場所にテキストを打つことができます。
縦組み、横組み、間違えても大丈夫です。

syoshiki
上のメニューから、縦組み横組みを変更することもできます。

illust-text_07

パスの中でクリックすると、そのパスの囲みの中に文字を入れ込むことができます。
例えば、左右を合わせて文字を配置したいとき。
丸の中に、デザイン的に文字を入れたいときに使用します。

illust-text_09

ライン上に文字を流すことができます。
丸の上をなぞるように文字を入れたいときなど、形の上に沿うように文字を入れたいときに利用します。

illust-text_11

テキストパスを残した状態で、回転したり、上下の軸をズラしたりできます。

さぁ!次から、いろいろな文字ツールをそれぞれ解説していきます。ご期待あれー。

SNSでフォローする