オリジナルプリントTシャツのデザイン制作を行うプリッヅ!デザインに関する特集サイトです。

オンス(oz)とは?

【Tシャツ豆知識 その1 「ozって何?」】

 

例えば5.6ozTシャツのように数字に引っ付いてたりする”oz”の文字。

何と読むのか、何の事だかご存知でしょうか?

よく”オーゼット”と読まれる方がいらっしゃいますが、こんな事を書くからにはもちろん違います。

 

正解は「oz(オンス)」と呼んで、「生地の重さ(厚さ)」を表しています。

Tシャツはやはりアメリカから普及した製品なので、現在でもTシャツ生地のスペックには国内のブランドでもoz表記になっています。

この値が大きいほど生地は重く、厚くなります。

5.6ozTシャツ よりも 6.2ozTシャツ のほうが厚いTシャツというわけです。

 

じゃあ5.6ozってどんな厚さなのかというのをozを3段階に分けてご紹介します。

ぜひウェアを選ぶ際の参考にしてみてください!

 

・3〜4oz

 薄手生地に該当するozで、価格も非常に安くイベント用ボディなどが多いです。

Tシャツの中にもう1枚着ないと、色によっては透けてしまう恐れも。

ただ最近は価格も高めで着心地の良い薄手生地Tシャツもあり、必ずしも品質が低いとは限りません。

スタンダードTシャツ4.1ozTシャツ4.4ozトライブレンドTシャツ など)

・5〜7oz

 ヘビーウェイトと呼ばれる肉厚生地Tシャツで、特に6oz以上はTシャツとしては本当に最高クラスのoz。

人気のヘビーウエイトTシャツは5.6ozで丁度良い厚さと好評です!

ヘビーウエイトTシャツ5.6ozTシャツハイグレードTシャツ など)

・9〜13oz

 トレーナーやパーカーのスウェット生地のozで、もっとも肉厚なスウェットが13.2oz。

冬場の着用であれば10ozぐらいの厚みが欲しいところです。

ジップアップライトパーカー10.0ozスウェットフルジップパーカー など)

oz

もちろんozだけでは生地の厚さは判断出来ません。

糸の太さや糸の種類、編み方などでも厚みは変わってきますが

それはまた改めて。

SNSでフォローする