オリジナルプリントTシャツのデザイン制作を行うプリッヅ!デザインに関する特集サイトです。

糸の違いとは

【Tシャツ豆知識 その2 「糸の種類は何種類?」】

 

同じ綿糸にも三種類の糸があります。

使用する糸によって品質も価格も変わってきます。

それぞでの糸の種類をご紹介致します。

 

カード糸

 

カード糸

 

一般的に使用される最も基本的な糸で、カード行程(不純物を約5%取り除く行程)を行った綿花を使用した糸です。

シャリ感、涼感のあるラフな味わいが楽しめます。

 

セミコーマ糸

 

セミコーマ糸

カード糸とコーマ糸の中間に位置し、カード行程を経てコーマ通し(コーミング=櫛通し)により約10%の不良部分を取り除いた綿花を使用した糸です。

カード糸よりも柔らかなTシャツに仕上がり、コーマ糸の光沢・耐久性もあります。

5.6ozハイクオリティTシャツなどに使用しています。

 

コーマ糸

 

コーマ糸

コーマ通しにより約20%の不良部分を取り除いた綿花を使用した高級糸です。

綿花に磨きをかけるコーマ通しを丹念に行う事で、余分な短繊維を取り除き良質な部分だけで仕上げた糸です。

光沢があり羽毛立ちが少ない、肌触りの良い高品質なTシャツ・ポロシャツ・スウェットに仕上がります。

5.0ozレギュラーフィットTシャツ6.2ozプレミアムTシャツなど、多くの製品に使用しています。

 

糸の種類は以上の三種類です。

生地が薄いのに厚いTシャツより値段が高かったりするのは、糸の品質のせいなんですねー。

 

ちなみに糸番手というものがありまして、これは糸(紡績糸)の太さを表す単位で綿素材Tシャツやポロシャツ、スウェットなどに記載されています。

例えばこちらの商品の商品詳細の「17s」は17番手のsはシングル(単糸=片撚り)を意味し、数値が大きくなるほど糸が細く軽くなります。

この糸番手が以前紹介した生地の厚み(重さ)をきめる重要な要素です。

 

こんな感じで、糸の種類や重さにまでこだわってTシャツを選べちゃうあなたはなかなかのツウですね♪

こんな情報をさらっと知っていたら、カッコいいのではないでしょうか?

ぜひぜひ興味を持って糸の違いでの触り心地の違いを感じてみてください!

SNSでフォローする